バイクを高く売る為には「バイク買取業者選び」がカギ

subpage1

バイクの買取価格は「相場」などのある程度共通した要因によって左右されます。

相場とは、「全国的に活用されるバイク評価の基準」であり、ほとんどすべてのバイク買取業者は相場を基にして車種ごとの買取価格を設定します。



しかし、相場が50万円のバイクだからと言ってすべてのバイク買取業者が50万円を基準価格として設定していると言う訳では無く、それぞれの状況によって適切な金額を判断して設定します。



その為、50万円という相場をそのまま基準価格として採用することもあれば、「より多くの在庫を抱えたい」という目的などによって55万円を基準価格として設定していることもあります。

また、「自社の抱えるニーズには合わない」と言った理由から45万円を基準価格として設定することもあり得ます。

要するに、バイクを高く売る為には「より高い基準価格を設定しているバイク買取業者を利用する」と言うことが非常に大切です。

如何に高い基準価格を設定していたとしても、売却するバイク自体の価値が無い状態では意味がありませんが、そうであれば可能な限り状態を回復させて評価を高めるための工夫をするなどの対応をしつつ、基準価格が高いバイク買取業者を利用して最大限評価してもらうことになります。
それぞれのバイク買取業者ごとの基準価格を推測するためには、出来るだけ違い時期に行われた買取査定の結果を元にして判断します。


いくつかの結果を比較し、その中から一番高い結果を出しているところほど、基準価格が高く設定されている可能性に期待が持てます。